麻雀の歴史に名を残す雀士の伝説は事実か

20年間無敗の男桜井章一

男桜井章一
麻雀界の中でも特に伝説的な逸話を多く残す雀士と言えば、まっさきに桜井章一があがるでしょう。 桜井章一のことはよく知らなくても、彼のキャッチコピーは一度は聞いたことがあるというほど有名なもので、その強さから麻雀界の中では生きる伝説となっています。 そのキャッチコピーとは20年間無敗の男というものなのですが、事情を知らない人にはこの言葉の意味を勘違いしている人も少なくありません 麻雀はゲームの性質上、一半荘単位であれば負けてしまうことも多々あります。 これは桜井章一も同じことであり、20年間無敗というのは一半荘単位ではなく、その日のトータルでのことです。 更にその勝負の舞台も裏の麻雀界での勝ち負けであるため、普通のフリーでトップを取り続けたわけではありません。


麻雀の神様阿佐田哲也

阿佐田哲也
麻雀の神様と呼ばれる阿佐田哲也も数々の伝説を残した雀士の一人ですが、残念ながらその逸話の多くは作り話です。 阿佐田哲也が一躍有名となったのは、彼の書いた麻雀放浪記という小説によるところが大きく、様々な逸話もそこからきています。 実体験をベースとして書かれた作品であるだけに、彼は鬼神のごとく強く多くのエピソードを残したと思ってしまいがちですが、それはあくまでも小説の中の話であり、現実の阿佐田哲也は勝ったり負けたりで勝ちまくっていたわけではありません。 それでも、麻雀を世に広めた功績というのは決して色褪せるものではなく、彼の人間的な魅力も相まって神様というのに相応しい功績を残したのは事実です。


ミスター麻雀小島武夫

小島武夫
阿佐田哲也とならんで超有名な雀士と言えば、小島武夫がいます。 プロ雀士の走りであり、そのユニークなキャラクターからたちまち大スターとなった雀士です。 魅せることを何よりモットーとしているだけに、ただ勝つのではなく魅せた上で勝つことを心情としていたため、大舞台で勝ちきれないこともありましたが、その分心に残る闘牌を数多く残してきました。 テレビ対局でも数々の役満を炸裂させて、プロの凄さを見せつけ単に強いだけでなく見て楽しい闘牌という概念を生み出した第一人者です。 小島武夫をがあがった数々の役満の中でも特に伝説的なものと言えば、九連宝燈があり公式記録として初めてあがったのも小島武夫でした。

伝説級となる雀士たちには時に大げさ過ぎるエピソードがついてまわるものですが、彼らが残した功績を考えれば、そのぐらいに騒がれてもおかしなものではありません。 しかし、些か大げさに語られる部分もあるのは事実なので、鵜呑みにしすぎず面白い逸話の一つとして胸にとどめておくのが良いでしょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です